読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中古マンションとリノベーションとDIYのブログ

関西に住むDINKSの夫婦が中古マンションを購入してリノベーションとDIYを楽しむブログです。中古マンションやリノベーションを検討されている方に向けた情報発信をできればと思います。

自宅マンションがある日違法建築になる?

衝撃のニュースがヤフーニュースに上がっていました。
ある日自宅マンションが違法建築になってしまうというトラブルです。
headlines.yahoo.co.jp

このマンションは所有者から建物部分の1700平米を定期借地契約により土地を借用していたものではありますが、駐車場部の1300平米を合わせた土地を一括で不動産会社が取得しており、定期借地契約だから起きたトラブルかどうかは定かではありませんが、定期借地契約であったため相場より安い価格で居住者は購入していたでしょう。

安いのには理由がある

不動産は価格の相場がある程度決まっているので、相場よりよほど安い物件はやはり安いなりの理由が隠れています。
それは心理的瑕疵であったり、任意売却であったり様々だと思います。

価格は安いに越したことはありませんが、安すぎるのも問題を招きます。
理由について不動産屋にしっかり確認しましょう。
理由を隠そうとする不動産屋は不誠実な業者です。別の業者に乗り換えましょう。

仲介を通さない新築物件の場合はどうすればいいか?ですが、簡単です。
近隣のライバル業者に確認すれば良いのです。マンションであれば近隣の売り出し中の物件に見学にいって「●●も気になっているのですが・・・」という事を伝えると、自社物件に比べて悪いところを教えてくれるはずです。

情報は足で集める

上記のような訳あり情報だけでなく、おトクな物件は店舗にあつまります。ネットに出てきません。
不動産屋は専任媒介契約を結んでから7日以内にREINSへ登録する必要がありますが、逆に7日以内に売れる場合は登録の必要はなくネットや広告に出る前に売れてしまうのです。

住みたい地域が決まっているならやはり現地に出向き情報を集めましょう。